<< 杜の生き物 虫(2) かみきりむし | main | 10月5日 秋のお祭りです >>

『Hou先生のプチアロマ講座』 【番外編その1】

0

    インフルエンザの予防に活躍してくれる精油
    20101130_1421797.jpg
                       写真:境内の柚子と拝殿

    みなさま、はじめまして
    『セラピーサロン ロサンテ』
    セラピストの難波圭子(なんばけいこ)と申します。
    いつもは鮑先生ですが、
    今回は番外編ということでちょこっと登場しました(^^)

    どうぞよろしくお願いいたします。

    【aroma lesson 1】で
    『精油とは何か?』というアロマの一番大切なところを
    ご紹介いたしました。
    (初めての方は、【aroma lesson 1】ご覧下さい)

    では、『精油』を日々の生活の中で
    どのように取り入れたらよいでしょうか。

    今回は“インフルエンザの予防に活躍してくれる『精油』”とういうテーマで
    機慇彩』の種類
    兇修陵僂な  をご紹介いたします。


    新型インフルエンザ、
    みなさんやみなさんの周りで感染された方はいらっしゃいますか?
    全国規模で感染が拡大しています。
    用心のため、いつもより手洗いとうがいを徹底されている方も
    多いと思います。

    まさに、大切なのはウィルスが体内に入らないよう、
    日ごろから予防と免疫力を高めることですよね。

    『精油』の中には
    インフルエンザや風邪予防や免疫力アップに
    良いとされているものがいくつかあります。

    今回は、その中から比較的手に入りやすい物をご紹介いたします。

    機慇彩』の種類
    ティートゥリー・・・殺菌や消毒効果に優れ、免疫力を高める。

    ラベンサラ・・・・・免疫力を高め、呼吸器系の炎症を和らげる。

    レモン・・・・・・・部屋の空気を浄化し、クリアにする。

    ユーカリ・フロブルス・殺菌、抗ウィルス作用に優れている。

    以上の4種です。

    では、どのように使うのかを次にご紹介いたします。


    兇修陵僂な 
    芳香浴で

    必要なもの:精油(上記の4種からお好きなものを選んでみてください)
          アロマポット
           電球式、キャンドル式、ミスト式など色々あります。
           お好きなタイプで構いません。
            ちなみにロサンテでは電球式を使っています。

    使い方:アロマポットに精油を計3〜5滴入れ部屋に香りを漂わせる。
         例えば、ティートゥリー2滴・レモン2滴という感じです。


    マスクに染ませて

    必要なもの:精油(上記の4種からお好きなものを選んでみてください)
          マスク 
           ガーゼが付いているものだとより良いです。

    使い方:マスクに付いているガーゼ(なければティッシュペーパー)に
        精油を1滴含ませてマスクを着ける。
         ※この時、精油が直接肌につかないように注意しましょう。 


    どちらも簡単にお試しいただけるとおもいますが、いかがでしょうか?

    芳香浴は、その日の気分で精油のブレンドを変えてみると
    またちがう香りをたのしめますよ。

    注:精油は量が多いとその分効果があるというものではありませんので
      濃度はきちんと守ってご使用ください。

    それでは次回【aroma lesson 2】を引き続きお楽しみに♪



    ご質問お待ちしています。
    当ページのコメントまでお気軽にお寄せ下さい。



    プロフィール
    難波圭子(なんばけいこ)
    大阪市生まれ
    >『セラピーサロン ロサンテ』セラピスト

    (社)日本アロマ環境協会認定
    鵐▲蹈泪謄薀圈璽▲疋丱ぅ供
    鵐▲蹈泪謄薀圈璽ぅ鵐好肇薀ター
    鵐▲蹈泪謄薀圈璽札薀團好

    鵐泪織縫謄アロマセラピスト


    (社)日本アロマ環境協会ホームページ
    http://www.aromakankyo.or.jp/index.php

    * プチ講座(アロマセラピー) * 12:28 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ